Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NOW READING
NOW READING
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~ (JUGEMレビュー »)
田口 元, 安藤 幸央, 平林 純, 角 征典, 和田 卓人, 金子 順, 角谷 信太郎
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
もっと大きなはずの自分を探して。
<< Challenge005 大橋禅太郎講演会「すごい会議で会社を変える!」 | main | Book006 一冊の手帳で夢は必ずかなう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Book005 7つの習慣
ふーっ。ようやく「7つの習慣」を読み終えました。
本書は米国大学教授であったスティーブン・R・コヴィー博士によって提唱された成功の原則をまとめたものです。
基本的に翻訳本は苦手なのですが、本書はそれを超える説得力を持っていたように思います。

7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー, ジェームス スキナー, Stephen R. Covey, 川西 茂

7つの習慣は、それぞれ次のように要約されます。



[私的成功の習慣:依存から自立への成長]
第1の習慣「主体性を発揮する」

自己責任の習慣である。真の成功を収める人は、その時の感情や状況によって左右され反応するのではなく、自分で行動を選択する。以下の習慣の基礎となる。
第2の習慣「目的を持って始める」
個人のリーダーシップの習慣である。何事も自分のミッション(方向性や目的)を明確にして行動することである。
第3の習慣「重要事項を優先する」
自己のマネジメントの習慣である。自分のミッションに基づき行動することであり、「忙しいだけで効果のあがらない状態」や「緊急中毒」から逃れ、生活にバランスをもたらす習慣である。

[公的成功の習慣:相互依存状態への飛躍]
第4の習慣「WinWinを考える」

人間関係におけるリーダーシップの習慣である。お互いが共に勝ち、双方の利益や満足な結果を求める姿勢を習慣化する。
第5の習慣「理解してから理解される」
コミュニケーションのスキルの習慣である。コミュニケーションはWin-Winの人間関係をつくる鍵であり、あらゆる分野で成功する基礎でもある。医者が診断した後に処方箋を出すように、理解されるためにはまず相手を理解することから始めなければならない。
第6の習慣「相乗効果を発揮する」
創造的な協力の習慣である。真の成功を収める人は、相違点を尊重し、その違いを活かし建設的に取り組む。単なる妥協ではなく、相乗効果を発揮することでプラス1が3にも10にもなり得るということを教えてくれる習慣である。

[再新再生の習慣:肉体、社会・情緒、知性、精神の改善]
第7の習慣「刃を研ぐ」

自己の再新再生の習慣である。自己の能力を維持向上させるためには肉体、知性、社会/情緒、精神の四つを絶えず改善することが必要であり、真の成功を生み出す。

私はまだまだ人間的に未熟なので、私的成功段階である第1〜第3の習慣が特に強く印象に残りました。
(第1の習慣)
・人間は刺激と反応の間に選択の自由を持っている。この選択の自由の中にこそ、人間の人間たる四つの独特な性質〈自覚・想像力・良心・自由意志〉がある。
・直接的にコントロールできる(自分の行動と関係している)問題は、習慣を変えることによって解決される。
 間接的にコントロールできる(他人の行動と関係している)問題は、影響を及ぼす方法によって解決される。
 全くコントロールできない(誰も影響できない)問題については、自分の態度を変える必要がある。

(第2の習慣)
・ミッション・ステートンメント(個人の憲法、信条)を生活の中心におくことで自分の安定性、方向性、知恵、ならびに力の根源になり、自分の直面している状況や時折の感情から一歩身を引いて、最も効果的な選択を主体的に行うことができる。
・生活の中心におくものは、夫・妻、家族、お金、仕事、所有物、遊び、友達・敵、宗教組織、自己のいずれでもなく、正しい原則を生活の中心におくことで、周りのすべての事柄がバランスよく見えるようになる。
・ミッション・ステートメントは、生活における役割を打ち出し、それぞれの役割で達成したい長期的な目標について考えるとよい。

(第3の習慣)
・時間管理は四つの世代に分類される。
 第一世代:メモやチェックリストにより、時間やエネルギーに対するさまざまな要求を認識し、それを整理しておく
 第二世代:カレンダーや手帳により、先を見据えて将来の出来事や活動をスケジュール化する
 第三世代:前の2つに優先順位付け、価値観の明確化、目標設定の概念を加えたものであり、具体的な長期・中期・短期的な目標を設定し、価値観と調和した形で、その目標の達成に時間とエネルギーを集中させる
 第四世代:物や時間に集中するより、大切な人間関係や生活の役割、あるいは大切な目的の達成に焦点をあわせる
・時間のすごし方を緊急度と重要度の2つの軸で4つの領域に分類した場合、緊急はでないが重要な活動である第2領域の活動に集中することが効果的な時間管理である。
第2領域の活動を行うための時間は第3領域や第4領域からしかとれない。また、第2領域の活動を行うためには主体的でなければならない。
・第2領域に集中するためには週単位で計画を立てるのが最もよい方法である。計画のプロセスには、
 1.役割を定義する:個人・家族としての役割、仕事の役割、趣味の役割
 2.目標設定:それぞれの役割について、次の1週間で達成したい目標を設定
 3.スケジュール化:優先課題を中心に、役割別の目標を1週間の単位でスケジュール化
 4.日々の対応:優先すべき役割と目標を確認し、自分のミッションを念頭におきながら、新たに出てくる日々の問題や機会に対応し、必要に応じてスケジュールを調整する


うーん、まずは実践あるのみですね。
| Book100 | 08:03 | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 08:03 | - | - |
突然の御連絡、失礼いたします。
(株)ブログウォッチャー編集部佐藤と申します。

急な御案内で恐縮ですが、
「7つの習慣―成功には原則があった!」の書評ブログ記事を株式会社リクルートエージェントの公式コミュニティサイト「BizRavel」に掲載させて頂きたく、御連絡差し上げています。
弊社は株式会社リクルートのグループ会社でして、ブロガー様とのご連絡を代行させて頂いております。また、ブログなどの口コミを活用したwebサイト制作を行っています。

ブログ更新、投稿義務などブロガー様への御負担は一切ございません。
この掲載が貴方殿のブログへの集客口として貢献できれば幸いだと考えております。

詳細について、ご連絡させていただきたいので、ぜひ下記までご連絡頂ければと存じます。
何卒、ご検討の程宜しくお願い致します。

株式会社 ブログウォッチャー
編集部 佐藤  bizravel@blogwatcher.co.jp
| (株)ブログウォッチャー編集部佐藤 | 2010/06/24 1:49 PM |

うほぉぉぉぉぉぉ!!なんじゃコリャァァァァ!!!!!

工口いお姉さんにめちゃめちゃイかされてぇぇぇぇっ!!!

10万もらったぁぁぁぁぁぁぁ━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━!!!!

http://-yol-sx.tida.psyrents.net/
| タランティーノ | 2010/07/14 3:40 PM |

オレの工ッ千が必要とされる時代wぱねェww
女もやっぱ欲しい時ってあるモンなんだな・・・
この前ガンバりすぎて失ネ申させちったから、今回は控えめにいこうww
http://azg27yc.gim.uerock.net/
| ガトリング白銀 | 2011/01/10 1:13 AM |

正直甘く見てたよ、最初のうちは……
でも1回始まったら、これがもう強烈なアタックでね!
またたく間に、もう即・座・に限界キちゃったね!
http://eihuno5.fusa.yahoosearch.me/
| リンデル | 2011/01/15 4:08 PM |

買ってくだちゃい☆ってチ※ポの写メ送ったらソッコー食いついた件www

30年ずっと童☆貞のオレがこんな簡単に初体験できるとわ!!!!(*゚∀゚)=3

まぁ報酬に10万もらったのが一番ビビったんだけどなwwww

http://t5l69sw.mix.k-j-pop.me/t5l69sw/
| ふにゃバット | 2011/06/03 11:35 PM |

紳助引退の真相はこちら
http://b5ltmed.ato.zetto.info/b5ltmed/
| AtoZ | 2011/08/29 11:21 PM |









http://nishiha.jugem.jp/trackback/60
コヴィ博士「7つの習慣」を斬る:時間管理の四つの世代
今回特集する第三の習慣「実行する力」は、時間管理の効果的な方法を考えることでもあります。時間管理はこれまで、時代の変化に伴って変化してきました。第一に、予定を単純にメモる第一世代です。ノート、小さく切ったメモ用紙、そして付箋。さらに手のひらや手の甲に
| ビジネス快進撃 メールマガジン | 2010/01/25 10:07 PM |