Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NOW READING
NOW READING
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~ (JUGEMレビュー »)
田口 元, 安藤 幸央, 平林 純, 角 征典, 和田 卓人, 金子 順, 角谷 信太郎
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
もっと大きなはずの自分を探して。
<< Book097 なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 | main | Book098 時間が2倍になる「超」手帳の技術 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Challenge016 持続可能なブログ会議


情報考学−Passion For The Future主催の持続可能なブログ会議に参加してきました。
先日参加したセミナーで、ブログを続けられる仕掛けを生活に組み込むことが必要だと感じましたが、1000エントリを達成された橋本さんが考えるブログ持続の分析と秘訣は参考になりました。

1.基調講演 ブログ千夜一夜
"持続ブログ"の定義を365エントリ以上続いたブログとした場合、持続可能ブロガーは100人に1人と推定される。
持続ブログの特徴は、タイトルが1.5倍、本文が1.7倍長いそうで、情報のアウトプットの量が半端ではないです。

そして、橋本さんが考えるブログ持続のノウハウとツールを紹介。
気をつけていること3つは、
〔椹悗気覆−淡々と
⊇慣化する−やらないと物足らない感
最小コストで最大限書く方法を開発する
直感の部分だけに分かりにくい部分もありましたが、やはり考えたことを全部外部に書き出す(アウトプット)ことの重要性を感じました。
すでにアウトプットした情報を"知識部品"として蓄えておいて、必要なときに芋づる式に引き出せるようにしておくのが情報を活用するコツとなっているそうです。
それを引き出すための7つ道具は、
.僖愁灰鵑涼羶箸鮃眤検索するGoogleデスクトップ
△い涕ているWebの情報をクリップボードへ一発コピーできるZakuCopy
5い砲覆襪發里魎蔽韻縫リッピングできる紙Copi
ぅ▲ぅ妊△鬟タチにするアイデアプロセッサiEdit
ゥ僖愁灰鵑硫萍未魏菫として切り出すCaptureSTAFF-Light-
Εリップボード履歴を保存してデータベース化するCLCL
Д優奪箸ら漏れなく情報を集めるニュースリーダーFreshReader

ブログを習慣化するためのアイデア発想法として、アイデアマラソン提唱者の樋口健夫氏の講演へと移ります。

2.特別講演 アイデアマラソン発想法
誰よりも早く、長くやることでアイデアを積み上げてきた樋口氏の講演は、とにかくそのパワーに圧倒されました。
会場の参加者もその勢いにのまれて、メモをとるのも忘れて聞き入っていたように見受けられました。
以前著書を読んだこともありますが、アイデアマラソンとは、考えた発想をノートや手帳に時系列順に蓄えて周りに話すこと、その継続の一言につきます。
発想を出し続けることで脳が発想慣れを起こし、集中力を養うことができ、自信につながるそうです。
それでも本当に使えるアイデアは、経験上から1000個のうち8個しかないが、逆に言えば1000個出せば誰でもすばらしいものが出るということ。

興味深かったのは、樋口氏が考えるメモとノートの違い。
メモはキーワードで書くのに対して、ノートは文章という自己完結型で書くことで内容を覚えられる、というものでした。
またA5ノートがサイズ的にベストというのも、妙に共感できました。
アイデアマラソンは知を創造するWeb2.2時代の発想法である、という提言は面白くも、非常に説得力がありました。

持続可能なブログ会議 報告第一弾 「デジタル情報を活用する道具」と感想
持続可能なブログ会議 報告第2弾
アイデアマラソンシステム公式サイト
| Challenge100 | 23:39 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:39 | - | - |
こんにちわ。アイデアマラソンの樋口健夫です。私の話をお聞きいただき、ブログに詳細を掲載頂ありがとうございます。アイデアマラソンの効果は、以前よりもかなり明確になってきているのは、より多くの方々が実行去れ始めているので、その効果が顕著になってきていることで分かります。またそのシナジー効果もより強力になっています。
ぜひとも試験実施して、3週間、3ヶ月とご自分の限界を突破してみてください。ご質問があればいつでもどうぞ。また私のアイデアマラソンブログの
http://diary.jp.aol.com/ideamarathon/
にもご訪問いただき、トラバを掛けていただければうれしいです。
| 樋口健夫 | 2006/06/28 7:54 AM |









http://nishiha.jugem.jp/trackback/203