Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NOW READING
NOW READING
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~ (JUGEMレビュー »)
田口 元, 安藤 幸央, 平林 純, 角 征典, 和田 卓人, 金子 順, 角谷 信太郎
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
もっと大きなはずの自分を探して。
<< Challenge015 「仕事に活かすブログ術・実践編」セミナー | main | Challenge016 持続可能なブログ会議 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Book097 なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣
なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣
なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣
ケリー・グリーソン, 楡井 浩一

仕事が思い通りになれば人生が変わる!
世界14カ国のビジネスマンに変化を起こした、目からウロコが落ちる仕事の方法を紹介する名著。

ビジネス・テクノロジー協会による能率向上プログラム(PEP:Personal Efficiency Program)のノウハウをまとめた1冊。
今度紹介する予定のGTD(Getting Things Done)のコンセプトに通じるものがあります。

本書で繰り返して使われる重要なキーワードは「すぐにやる!」というもの。
書類やメールはすぐに処理する、デスク周りはすぐに片づける、といったように仕事をすぐやる習慣を身につけることを提言しています。
優先順位に縛られすぎることなく、目の前の仕事を機械的にこなすことを意識付けてみると、思いのほか仕事がはかどるようになりました。
そんなこと言われてもなかなか実行できない・・・という人のために、本書では仕事の「先のばし」癖を退治する8つの鉄則を紹介しています。
 1.書類を読むのは一度ですませる
 2.重要でない仕事を先に終わらせる
 3.問題は小さなうちに解決する
 4.仕事の邪魔になる原因となる業務を、真っ先に処理する
 5.やり残したことを片づける
 6.過去ではなく、未来を目指して仕事を始める
 7.「時間がかかるから」を先のばしの言い訳にしない
 8.先のばしから解放されれば、もっと元気になる
特に6の意識を持って仕事の先のばしをやめることで、ずいぶんストレスから解放されましたね。

また、システムによる習慣化を身につけることで、仕事を効率よく確実に処理していくのも非常に大切だと思います。
具体的には、以前取り上げて個人的にも実践している43Folders(本書でいう「備忘録ファイル」)やデスク上のファイル整理法などがわかりやすく解説されており、本書を読むことでより体系的に導入しやすくなっています。

こうした習慣によって時間を作り出すことで、より価値の高い仕事に時間を振り分けることができるようになります。
大きな仕事を実現するには、はっきりしたイメージを頭の中に描けるまでの計画を考えておくと、実現性が高まります。
イメージを描くには、達成するべき主な目標を明確にして、細かい業務に分解し、週間の行動計画に落とし込んで適宜見直すようにします。

『図解 なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣―世界中のビジネスマンが学んだ成功の法則』には、本書で紹介されたノウハウが具体的に図解されており、より直感的に分かりやすい内容となっているのでおすすめです。

図解 なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣―世界中のビジネスマンが学んだ成功の法則
| Book100 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:35 | - | - |









http://nishiha.jugem.jp/trackback/197