Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NOW READING
NOW READING
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~
Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~ (JUGEMレビュー »)
田口 元, 安藤 幸央, 平林 純, 角 征典, 和田 卓人, 金子 順, 角谷 信太郎
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
もっと大きなはずの自分を探して。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Challenge020 第2回GTD徹底研究会(後編)
前回に引き続き、週次レビューのやり方、GTDを習慣化させるやり方について議論しました。

ITmedia Biz.ID:GTDをディスカッション! 第2回徹底研究会後編始まる

ITmedia Biz.ID:GTDをディスカッション! 第2回徹底研究会後編始まる


まずは、2週間GTDをやってみて「うまくいったこと」、「うまくいかなかったこと」を紙に書き出します。
それが終わると、「うまくいったこと」を全員で順番にひとつずつ、意見が出し尽くされるまで(意見のない人はパスできる)発表していきました。
「うまくいったこと」の代表的なものをまとめてみると、
・達成感
・見える化
・抽象的→具体化
・安心感
・優先順位
checkpadというツール
といったキーワードがあったように思います。

個人的には、
・やりたいことを思いついたら、すぐにin-boxに入れておくことですっきり!
・「1週間以内」にタスクを進めることを意識することで、前向きに進んでる感じ
・週次レビューの日(月曜日の朝)は早起きする習慣がつき、1週間のリズムがよくなった(カフェでゆったり)
といったところでしょうか。

続いて「うまくいかなかったこと」も全員で出し尽くしてから、今度はその問題点のひとつひとつに対して解決策を考えていきました。
たとえば、
・プロジェクトリストのタスクを細分化しすぎで、進捗がわかりづらくなった
→プロジェクトAにタスクa、b、c、dがあるとしたら、
 .織好aのみを書き出しておき、aが終わるまでb以降は書かないでおく
 ▲織好a〜dのそれぞれを、a(A)といったひも付きにしておく
・気になることを書き出したが、どこにメモしたか忘れてしまった
→contemporaryなツール(田口さんの場合は黄色フォルダに入れた紙)を持ち歩き、デジタル、アナログツールの中にすぐに落とし込む
・他人との優先順位の折り合いがうまくつかない
→1日のはじめにpriorityを確認する

問題点のなかには、それ自体気にする必要なし!とばっさり解決するものもあって、それも含めて非常にすっきりしました。
この会議の進め方、以前にもどこかで・・・と思ったら、大橋禅太郎さんのすごい会議だったのですね(詳しくは、Challenge005 大橋禅太郎講演会「すごい会議で会社を変える!」参照)

田口さんいわく、大橋さんは自他共に求めるcheckpadの日本一の使い手とのことで、そのあたりの秘訣が聞けるイベントが今後企画されるといいですね。
これからも自分なりにGTDを継続して、ストレスフリーな毎日を過ごしたいですね。
| Challenge100 | 22:21 | comments(8) | trackbacks(80) |
Challenge019 第2回GTD徹底研究会(前編)
前回は参加できなかったGTD徹底研究会ですが、(無理やり)出張日程にあわせて今回参加できました。

ITmedia Biz.ID:第2回GTD徹底研究会を開催します

ITmedia Biz.ID:第2回GTD徹底研究会を開催します


参加者の自己紹介でやや空気が和んだあとで、本題に突入。
まず、GTDとはなにか、について田口さんより説明がありました。
(詳細については、過去の記事ITmedia Biz.IDのGTDまとめページを参照)
簡単な説明がすんだらあとは実践あるのみ、ということでさっそくGTDの最初のステップである「頭の中の気になること」を書き出す作業に入ります。
前回の研究会の反省から、今回はこのステップだけで90分の時間をかけて行いました。
事前の注意点として、次のようなものが出されました。
・最低90分以上行う(時間が足りなければ、自分がすっきりするまで!)
・PRIVATEとWORKは区別しない
・箇条書きにする、階層化やマインドマップは禁止
・「〜したい」も書く
途中でトリガーリストも配られつつ、ほかの参加者のすらすらと動くペンを横目にしながら黙々と書き出してみましたが、おそらく参加者の中では書いた数は少ないほうだったと思います。
あとから考えると、頭に浮かんだことの実現可能性を考えてみたりしてブレーキがかかってましたね。
田口さんのアドバイスにあるように、勢いにまかせて思いつくままにどんどん書き出すほうがいいみたいです。

「収集」で「頭の中の気になること」すべてをin-boxに入れたら、次はそれを「処理」するプロセスに入ります。
具体的には、GTDで特徴的な例のフローチャートにしたがって分類するわけですが、答えにくい質問はそれぞれ置き換えてみることを提案いただきました。
・「それは何か?」→「理想の状態は何か?」(より具体的にイメージできるため)
・「行動を起こす必要があるか?」→「一週間以内に前に進める必要があるか?」(週次レビューでまた見直すので、今週にフォーカスしたほうが使い勝手がよいため)
・「次のアクションが複雑な場合」→「次のアクションを考えるのがなにか面倒そうな場合」
個人的には、「理想の状態は何か?」でもまだイメージがわきにくかったので、「本当に実現したいのか、実現可能性はあるか」といったニュアンスで捉えてみました。

そうした手順で「処理」していくと、「GTD3大リスト」に割り振られていくとのこと。
・「いつかやる/多分やるリスト」・・・70%程度
・「プロジェクトリスト」・・・20%程度
・「次にとるべきアクションリスト」・・・10%程度
(このほか「カレンダーリスト」に2−3%程度)
これを週次レビューで見直しつつ、着実に前に落とし込んでいく(いつかやる/多分やる⇒プロジェクト、プロジェクト⇒次にとるべきアクションなど)ことが大切になってきます。
見直すタイミングとしては、一週間以内に前に進める必要があるアクションを、
・やる気がないとき→「プロジェクトリスト」を見直す
・やる気があるとき→「次にとるべきアクションリスト」を見直す
で分けてみるのもコツだそうです。

さて、明日は週次レビューの後編です。習慣化するための仕組みを学びたいですね。
| Challenge100 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
Challenge018 ブログマーケティング勉強会議
百式主催のイベント、BRAUNをスポンサーに迎えたブログマーケティング勉強会議に参加してきました。
" target="_blank">
ブログマーケティング勉強会議へのお誘い
" target="_blank">
ブログマーケティング勉強会議へのお誘い



今回は実験的に少人数でじっくり話ができるスタイルを・・・ということで100名超の応募者の中から抽選で選ばれた30名+程度の参加者で行われました。ツイテる!

まずは海外の動向として、FMPTHE DECKなど、Influencerによるブログマーケティングネットワークの試みを紹介。
次いで現在のトレンドとしては、37signalsが発信・牽引し、Techcrunchなどが追随しているという動きが見られるそうです。
※Techcrunchには日本語版もあるようでして、こちらでもWeb2.0なサービスや企業が評価・紹介されているようですので、今後要注目したいと思います。
また注目すべき企業として、Nokiaでは、企業ホームページ上にユーザーのトラックバックセンターを設けて、ポジティブ・ネガティブを問わずすべてのコメントを紹介することで、ブランドや商品イメージの向上を図っているそうです。
ほかにも、企業のマーケティング戦略は、ブロガー対応部署を設置したり、ブロガー向け商品発表会など、試行錯誤しながらも動き始めているそうです。

さて、百式管理人の考えるブログマーケティング。
現在のマスマーケティングをそのまま置き換えたのでは、露出はあっても、特徴のない無難なものに陥りやすいという課題があるようです。
対策のポイントとしては、Buzzのつくり方にある、といいます。
Buzzを起こす手法を考えるために、まずBuzzが起こらない"ZERO Buzz"を定義して、その逆を考えるというアプローチが面白かったです。
"黒を説明するには、まず白を説明せよ!"というフレーズは、心に留めておきたいですね。
大人数をターゲットにした従来のマスマーケティング=ZERO Buzz
⇔少人数をターゲットにした100%のLOVEを獲得するためのマーケティング(100%でなければ母数を減らしても構わない)がBuzzを起こしやすい!

というわけで、ブログマーケティングのまとめとしては、こうなりました。
・露出から集中へ
・ターゲットメディアの重要性
・Influencer of Influencers
・スピード
・Social Filteringツールの効果的な活用

ひるがえって、百式管理人自身のお話。
百式管理人にも企業、代理店、PR企業からのさまざまな問い合わせがあったり、イベントやウェブの企画提案が増えているそうです。
そのなかで、100SHIKI Job Boardトートバッグプロジェクトなどの企画も実現されています。
そんな百式管理人が企画時に気をつけていることが、"企画主体は俺(百式)、企画対象は百式読者"というもの。
そのために、ブロガーがアテンション(注目)を集めるために欲しい5つのものとして、
1.事実に基づいたストーリー
2.知識
3.オリジナルな素材
4.有名ブログからのリンク
5.リアルネットワーク
を実現できる企画を開催することで、自分(百式)が得するのではなく、周りが得するしかけを心がけているそうです。これは、本当にありがたいですね。

そして、いま試行錯誤されているのが、
・Link First=Business Blog
(企業側から先にLinkして、読者がTBするしかけ)
・Collaborate with MM
(マスメディアと協力したい!)
・Continuous Communication
(単発のイベントではなく、継続したコミュニケーションのしかけづくり)
・More CGM
(もっと有名ブロガー出でよ!)

そこで、新サービスとして、百式読者ブロガーと企業をつなぐ100SHIKI PR BOARDをしかける構想があるとのこと。
狙いとしては、企業からのPR提案に対して、百式管理人が読者に益するものをBOARDに流すというもの。
そのほかにも、もっとCGMを!ということで、百式idea*ideaに続く新しいBLOGを立ち上げて、100SHIKI Blog Networkを仕掛けたい、とのことで今後の展開にも注目したいです!
| Challenge100 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
Challenge017 Life Hackers Conference 2006
Life Hackers Conference 2006に参加してきました。
今回は百式管理人によるGTDの理論と実践や、サイドフィート社の赤松さんの仕事術など興味深いテーマが盛りだくさんで、非常に楽しみにしていました。

これまでGTDとかLifehacksって何となく理解しつつも、実践するにはちょっと難しいのかな、というイメージでした。
だけど、「アイデア+ツール=習慣」つまりアイデアを実装するツールがあれば新しい習慣になる、という方程式は非常にわかりやすかったですね。
GTDは仕事を快適にしてくれるアイデアだけど、それを習慣に落とし込むための仕組み、ツールを考案していくことこそがLifehacks。
そう考えると、頭で考えてばかりで何もやらないよりも、いろいろ試して自分にあったやり方、ツールで習慣化するのが大事だと思いました。

さて、GTD。
GTDの手順は収集→処理→整理→レビュー→実行というものですが、本を読むだけではいまいちわかりづらいのも事実。
そこで田口さんの言葉で、イメージしやすいかたちでGTDの勘所を解説いただきました。

1.収集(Collection)
机の上のものを引き出しにつっこむ作業
机の外に散らばっているものがより重要!
2.処理(Processing)
引き出しを仕分ける作業
引き出しの違いは見直しの頻度
あとで見直すのだから、仕分けはある程度間違っていてもOK
3.整理(Organizing)
引き出しを見直しやすくする作業
自分にあったツールに落とし込む
4.レビュー(Reviewing)
引き出しから机(頭)の上に出す作業
適切な頻度で見直す
5.実行(Doing)
仕事をやっつける作業
ストレスを視覚化する
バブルマップがおすすめ

このようなサイクルを繰り返すことで、正しい優先順位で仕事を片付けることができますし、新しいことに取り組む余裕も出てきます。
ところが、実際は処理の分類作業でつまずいてしまう人が多いようです。
提唱者デビッドアレンのフローチャートだと、仕事の分類に完璧さを求められているようで面倒くさそうに思えてしまいます。
そこで田口さん考案のものぐさGTD!だと直感的にわかりやすくてGOODです!
●ものぐさGTD
-やらない:やめてしまう。
-2分でできる:今やる!
-Next Action:今週片付ける!やる気があるときに見直す!
-Project:今週考えてみる、やる気の出ないときに見直す。
-Someday/Maybe:今週手をつけない、毎週見直す。

このリストのうち、下の3つを適切な頻度で見直すことが重要なのであって、あとで必ず見直される限りは分類が間違っていても大丈夫、というのはまさに目からウロコでした!
それに、GTDでいう"週次レビュー"だと、毎週一度に全項目を見直さなければならないような気がしていましたが、これでずいぶん気が楽になりましたね。
"ストレスフリーな仕事術"だけに、レビューの作業にストレスを感じさせない仕組みづくりが秀逸だと思います。

そして、百式@田口さんの開発思想として紹介されたのがこちら。
デザイン文具を意識したというcheck*padは、まさに機能を削ぎ落としながらVersion Upさせてきた、使える洗練されたツールであると思います。
1.メタファーを持つ
2.ライバルを持つ
3.何が削れる?が設計思想
4.自分の問題解決=情熱
5.運用コストの最小化


続いて、サイドフィート社赤松さんの仕事術。
こちらは同じGTDでも、GassyukuTte Douyo?ということで開発合宿の効用について面白く語ってもらえました。
(以下『GTD?』と略してGTDと区別します)

GTD?では、次々とサービスを生み出す原動力として機能していることからも十分わかるように、短期間で成果をあげる方法として有効活用されています。

GTD? Frameworkとして考える要素は次の3つ。
1.JKD=J KonDo
:自分との戦い
2.PRM=Prototype Review Meeting
:プチ目標、アイデア出し、ナレッジシェア
3.TAB=Take A Bath
:環境を変えて気分を切り替える手段

日常業務に埋没すると新しいサービスが生み出しにくくなりますが、開発合宿という「行動フェーズ」を確保することで、日常を「思考フェーズ」に集中させることができるそうです。
ただし、開発合宿自体に慣れてしまうと、合宿を言い訳にしてしまう危険があるので要注意とのこと。

合宿の最終目的は新サービスのリリースですが、赤松さんが考える製品開発に必要なものは次の3つ。
1.CXP=Concept×Product
-Concept:ベンダーが作る、あとで変えられない
-Product:ユーザーが作る、あとから変えられる
→Coceptの定義づけが重要
2.MIS=Make It Simple
-わかりやすくシンプルに、最大の改善は機能削減
3.RFW=Release FrameWork
-残り2割を作るのに8割の時間がかかる
リリースするまでの作業をテンプレート化することで作業工程を把握

最後のまとめとして、
・GTD?は安心できる「行動フェーズ」を確保することで日常的に生産性を向上させるものである
・GTD?は都合良く、詰めが甘いのにすぐ開き直る30代の基本特性を打破するためのLifehackとして有効である

最近読んだドラッカーの本にも"心地よくなったら変化を求めよ"という言葉がありましたが、GTD?はまさに日常の変化によって成果を得るものとして有効だと思いました。
なお、当日の発表資料はMY RSS管理人ブログに掲載されています。

非常に有益なイベントで、GTDの理論と成果を感じるすることができました。
もう一度『ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則』を読んで、自分なりのGTDを極めてみたいと思いました。
| Challenge100 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(2) |
Challenge016 持続可能なブログ会議


情報考学−Passion For The Future主催の持続可能なブログ会議に参加してきました。
先日参加したセミナーで、ブログを続けられる仕掛けを生活に組み込むことが必要だと感じましたが、1000エントリを達成された橋本さんが考えるブログ持続の分析と秘訣は参考になりました。

1.基調講演 ブログ千夜一夜
"持続ブログ"の定義を365エントリ以上続いたブログとした場合、持続可能ブロガーは100人に1人と推定される。
持続ブログの特徴は、タイトルが1.5倍、本文が1.7倍長いそうで、情報のアウトプットの量が半端ではないです。

そして、橋本さんが考えるブログ持続のノウハウとツールを紹介。
気をつけていること3つは、
〔椹悗気覆−淡々と
⊇慣化する−やらないと物足らない感
最小コストで最大限書く方法を開発する
直感の部分だけに分かりにくい部分もありましたが、やはり考えたことを全部外部に書き出す(アウトプット)ことの重要性を感じました。
すでにアウトプットした情報を"知識部品"として蓄えておいて、必要なときに芋づる式に引き出せるようにしておくのが情報を活用するコツとなっているそうです。
それを引き出すための7つ道具は、
.僖愁灰鵑涼羶箸鮃眤検索するGoogleデスクトップ
△い涕ているWebの情報をクリップボードへ一発コピーできるZakuCopy
5い砲覆襪發里魎蔽韻縫リッピングできる紙Copi
ぅ▲ぅ妊△鬟タチにするアイデアプロセッサiEdit
ゥ僖愁灰鵑硫萍未魏菫として切り出すCaptureSTAFF-Light-
Εリップボード履歴を保存してデータベース化するCLCL
Д優奪箸ら漏れなく情報を集めるニュースリーダーFreshReader

ブログを習慣化するためのアイデア発想法として、アイデアマラソン提唱者の樋口健夫氏の講演へと移ります。

2.特別講演 アイデアマラソン発想法
誰よりも早く、長くやることでアイデアを積み上げてきた樋口氏の講演は、とにかくそのパワーに圧倒されました。
会場の参加者もその勢いにのまれて、メモをとるのも忘れて聞き入っていたように見受けられました。
以前著書を読んだこともありますが、アイデアマラソンとは、考えた発想をノートや手帳に時系列順に蓄えて周りに話すこと、その継続の一言につきます。
発想を出し続けることで脳が発想慣れを起こし、集中力を養うことができ、自信につながるそうです。
それでも本当に使えるアイデアは、経験上から1000個のうち8個しかないが、逆に言えば1000個出せば誰でもすばらしいものが出るということ。

興味深かったのは、樋口氏が考えるメモとノートの違い。
メモはキーワードで書くのに対して、ノートは文章という自己完結型で書くことで内容を覚えられる、というものでした。
またA5ノートがサイズ的にベストというのも、妙に共感できました。
アイデアマラソンは知を創造するWeb2.2時代の発想法である、という提言は面白くも、非常に説得力がありました。

持続可能なブログ会議 報告第一弾 「デジタル情報を活用する道具」と感想
持続可能なブログ会議 報告第2弾
アイデアマラソンシステム公式サイト
| Challenge100 | 23:39 | comments(1) | trackbacks(0) |